胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

苦痛の少ない、鼻からの胃カメラで、健康をチェックしませんか?

胃カメラは、胃や食道を直接観察できる優れた検査で、胃がんなどを早期に発見するための有効な方法です。当院では、患者さまの負担が少ない鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)を実施しています。

毎年の検査で、早期治療を実現しましょう

胃がんは、発見が遅れて重症化すると命に関わることもありますが、早期発見することができれば、高い確率で治すことが可能です。そのため、症状が出てから検査・治療を受けるのではなく、自覚症状がない初期段階で発見できるようにしておくことが重要です。

そのためにも、定期的に内視鏡検査を受けるようにしましょう。異常がなかった翌年に胃がんが発見されるなどの例も珍しくないため、当院では1年に1回は検査を受けられることをお勧めしております。

悪いものが見つかれば早期に適切な治療を受けることができますし、検査結果に異常がなければ一つの安心材料になります。事前の予約があれば待ち時間なく検査を受けて頂けるようにしていますので、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。

胃カメラをお勧めしたい方

以下に該当する方は、早めに胃内視鏡検査を受けるようにしましょう。

  • 胸焼け・腹痛・吐き気が治まらない。
  • みぞおちのあたりが痛む。
  • 胸がつかえる感じがする。
  • 便に血が混じっている。
  • 習慣的にお酒を飲んでいる。
  • タバコを吸う。
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・びらんの診断を受けたことがある。
  • 親族に胃がんに罹った人がいる。

胃カメラの特徴

胃を検査する方法には、胃カメラの他にバリウム検査もあります。それぞれのメリットとデメリットをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

胃カメラ

メリット
  • カメラで直接観察できるため、精度が高い。
  • 検査の際に、細胞採取や処置もできる。
  • 放射性被曝がない。
  • 横になっているだけで動く必要がない。
  • 検査後の排便に支障が出にくい。
デメリット
  • 口からの胃カメラ(経口内視鏡検査)では、嗚咽などで苦しいことがある。
  • 医師によるスキルのばらつきがある。

経鼻内視鏡検査とは?

当院では、鼻からカメラ(内視鏡)を挿入する「経鼻内視鏡検査」を実施しています。

経鼻内視鏡検査のメリットその1 喉が苦しくない。

胃カメラを敬遠される方の多くは、やはり喉の嗚咽感や吐き気を気にされているようです。しかし、鼻からカメラを挿入すれば、舌の根元を刺激しないため、ほとんどそのような心配はありません。

経鼻内視鏡検査のメリットその2 検査中に会話ができる。

鼻からカメラを挿入すれば口はふさがらないため、検査中に医師と会話をすることができます。どうしても苦しくて伝えたいときや、気になることを質問したいときにも安心です。

経鼻内視鏡検査のメリットその3 身体への負担が少ない。

鼻からカメラを挿入する際に使用する麻酔は、少量のため、身体への負担を抑えることができます。検査が終わったとは、30分〜1時間程度で通常の状態に戻り、当日、車を運転して頂くことも可能です。

胃カメラの流れ

問診

当院では、安全な検査を行うために、事前に必ず問診を行っております。現在の体調や飲んでいるお薬の他、鼻の状態、血の止まりやすさ、肝臓の状態、薬に対するアレルギーなどを確認していきます。

前処置

検査をスムーズに行い、精度を高めるために、以下の前処置を実施します。

     
  • 消泡剤を飲んで頂き、胃の中の泡を取り除きます。
  • 鼻の粘膜にスプレーをして、出血するリスクを減らします。
  • 鼻に麻酔液を注入して、痛みなどを感じないようにします。

検査

鼻からゆっくりとカメラを入れていき、食道・胃・十二指腸をよく観察します。このとき、モニターに検査の様子が映っていますので、患者さまもご自身で確認して頂くことができます。

回復

検査後は、およそ30分〜60分、安静にして休んで頂きます。その後はお食事も通常通りして頂くことができるようになり、お車も運転して頂けます。