その他の診療案内

生活習慣病

生活習慣病のチェック項目
生活習慣病は、予防と早期治療が重要です。以下に当てはまる方は、一度検査にいらして頂ければと思います。

  • 血圧が高い。
  • 糖尿病や脂質異常症の診断を受けた。
  • 親族の中に脳卒中になった人がいる。
  • 運動する習慣がない。
  • 体重や体型が気になる。
  • ストレスが溜まりやすい。
  • 濃い味の食事が好き。
  • 脂っこい食事が好き。
  • 喫煙している。
  • お酒を飲む頻度や量が多い。
  • 脈が乱れている。
  • 痛風になったことがある。
  • 閉経している。(女性)

生活習慣病の原因

生活習慣病は、その名の通り、普段の生活習慣の中にその原因が潜んでいます。毎日の暮らしを見直し、改善することで、発症リスクを抑えるようにしましょう。

原因 その1 不規則な生活リズム

仕事が忙しくなって睡眠時間が減ってしまったり、朝起きられなくて朝食を抜いてしまったり、夜遅い時間に食べてしまったりすると、生活習慣病を発症しやすくなってしまいます。

原因 その2 疲労とストレス

身体の疲労はもちろん、心のストレスも病気につながりやすく、特に血圧や血糖値を上昇させてしまうことが分かっています。また、免疫力が低下して感染症に罹るリスクも増加します。

原因 その3 遺伝

生活習慣病の中でも、特に高血圧症や糖尿病は、遺伝的な要素が大きく、親族にこれらの疾患に罹った人がいる場合は、要注意です。

原因 その4 タバコとお酒

タバコやお酒の量が多い方も、生活習慣病を発症しやすい傾向にあります。どちらも、ストレス解消というメリットもありますが、量や頻度には注意するようにしましょう。

原因 その5 加齢

歳を重ねていくと、どうしても身体の機能が低下するため、生活習慣病に限らず様々な病気に罹りやすくなっていきます。特に、血管が老化して動脈硬化になると、心筋梗塞や狭心症を引き起こすリスクが大幅に上昇するため、早期発見・早期治療をすることが重要です。

原因 その6 運動不足

運動不足によって肥満になると、高血圧症・脂質異常症・中性脂肪値の異常・コレステロール値の異常などが起きやすくなります。適度な運動を心がけるようにしましょう。

生活習慣病については、こちらの専門サイトもご覧ください。

禁煙外来

ニコチン依存症になっていませんか?

これまでの喫煙習慣によって身体がニコチン依存症になっていると、強い意思を持ってやめようと思っても、なかなか禁煙できないものです。
ニコチン依存症になっているかどうかは簡単なチェック項目で確認できますので、該当する方は、お早めにご相談にいらしてください。

ニコチン依存症チェック項目

以下の項目の中で、5つ以上該当するものがある場合は、ニコチン依存症になっている可能性が高いでしょう。

  • 自分で思っているよりも、つい多く吸ってしまうことがある。
  • 禁煙することや本数を減らすことに挑戦したが、できなかったことがある。
  • 禁煙することや本数を減らすことに挑戦したが、吸いたくてたまらなくなった。
  • 禁煙することや本数を減らすことに挑戦したとき、「イライラする」「神経質になる」「落ち着かない」「集中力が低下する」「憂鬱になる」「頭痛がある」「眠くなる」「胃のむかつきがある」「脈が遅くなる」「手が震える」「食欲が増加する」「体重が増加する」といった症状があった。
  • 上記の症状をなくすために、タバコを吸ってしまった。
  • 重い病気に罹り、タバコは良くないと分かっていつつも、吸ってしまったことがある。
  • タバコは健康を害すると分かっていながら、吸ってしまったことがある。
  • タバコが精神的な問題を引き起こすと分かっていながら、吸ってしまったことがある。
  • 自分でタバコに依存していると感じたことがある。
  • タバコが吸えない状況を避けようと思ったことがある。

当院では、これまでに多くの方が禁煙に成功しています

当院では、ただお薬を処方するだけでなく、患者さまと十分にコミュニケーションを取りながら、一緒に禁煙を達成する治療を心がけております。

そのため、他院では禁煙できなかったが当院では実現できたという方も珍しくありません。しっかりと理解・納得して、計画的に禁煙をしていくようにしましょう。

禁煙に失敗したことのある方へ

既に他院で禁煙に挑戦して失敗してしまったという方も、1年以上経過していれば、再び保険診療で禁煙治療を受けることができます。
今度は失敗したくない、確実に禁煙を達成したいという方は、ぜひ当院へご相談ください。(1年未満の方でも、自費診療での禁煙治療は受けられます)

禁煙のメリット

禁煙は、様々な病気のリスクを軽減することはもちろん、気持ちの面などでも様々なメリットがあります。実際に禁煙を達成した方からは、以下のようなお声を頂くことが多くあります。

  • 食事が美味しくなった
  • 喉のイガイガや痛みがなくなった
  • 寝起きが良くなった
  • 慢性的な気管支炎の症状が緩和した
  • 肌荒れが減った
  • 口臭が改善された
  • 咳や息切れがしにくくなった

お薬を使った禁煙治療

当院では、病院でのみ処方することができる専門的な禁煙のお薬を使用して、無理なく確実に禁煙できるようにしています。タバコをやめたいけど、本当にやめられるのか心配という方も、お気軽にご相談にいらして頂ければと思います。

AGA・ED

AGA・EDでお悩みの方へ

AGA(男性型脱毛症)やED(勃起不全)は、なかなか他人には相談しにくい病気で、中には病院に行くことを躊躇してしまう方もいらっしゃるかと思います。

当院は、男性の医師が患者さまのお気持ちを汲みながら丁寧に診療をしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

AGAかも・・・そう思ったら

男性の薄毛のおよそ9割はAGAであると言われており、原因としてはストレス・不適切なケア・過剰なダイエット・栄養不足・ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。
また、遺伝的な要素もあるため、親族に薄毛の方がいる場合には、早めに受診するようにしましょう。

AGAのセルフチェック項目

以下の項目に1つでも当てはまる方は、AGAの可能性があります。

  • 親族に薄毛の人がいる。
  • お風呂場や枕の抜け毛が気になる。
  • 昔と比べて髪が薄くなってきたように感じる。
  • 生え際やつむじが薄くなっている。
  • 毛が細くなり、ハリやコシがなくなってきた。

当院のAGA治療

新薬『ザガーロ』を処方しています。
非常に発毛効果が強く既存薬の1.6倍の効果があります。
抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンを抑えることができるお薬「プロペシア」を処方しています。(また、ジェネリック医薬品の「フィナステリド錠」の処方もはじめました。)
このお薬を飲んで頂くことによって脱毛の進行を妨げることができ、発毛剤や育毛剤としても働きます。ほとんどの方は、半年〜1年くらいで改善が見られるようになりますので、市販の育毛剤では効果がなかったという方も、ぜひご相談にいらして頂ければと思います。

AGAの治療費

ザガーロ

初回           10,000円
2回目以降 9,000円

※いずれも税込価格です。

プロペシアによる治療は、保険適応外となります。

初回           9,270円
2回目以降 7,700円

※いずれも税込価格です。

ジェネリック医薬品(フィナステリド錠)の取扱いも始めました。

初回           7,570円
2回目以降 6,000円

※いずれも税込価格です。

 

EDかも・・・そう思ったら

性行為を行う際に十分に勃起しない、または勃起を維持できない状態のことをEDと呼んでおり、日本人男性のうちおよそ1,000万人がEDに悩んでいると言われています。

ストレスや緊張感といった精神的な原因が多いのですが、中には生活習慣病などの疾患によってEDになっている方もいます。症状には程度がありますので、まずはしっかりと診察を受けて、適切な治療を受けるようにしましょう。

EDをきっかけに、健康を手に入れましょう

EDは、男性器に異常があるとは限らず、実際にはストレスやその他の疾患によって引き起こされることがほとんどです。そのため、ED治療の一環として身体と心の健康状態をチェックすることで、他の病気の早期発見・早期治療にも繋がります。

心身ともに健康な状態を実現するためにも、EDが気になる方は、きちんと治療を受けるようにしましょう。

当院のED治療

当院では、患者さまの生活習慣や心のお悩みなどもしっかりと伺った上で、内服薬(バイアグラ)を処方し、さらに日常生活で気をつけて頂きたいことについてもアドバイスをさせて頂いております。

EDの治療費

EDの治療は、保険適応外となります。
初回 2,820円+お薬1,430円/錠(2錠まで)
2回目以降 720円+お薬1,430円/錠(4錠まで)
※いずれも税込価格です。

いびき外来

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、睡眠中に無呼吸状態や低呼吸状態を繰り返す病気です。

「睡眠時の大きないびきをかく」「睡眠時に何度も目が覚める」「起床時に頭痛がする」「昼間に異常な眠気に襲われる」といった症状が見られ、場合によっては自動車の運転中や機械の操作中に眠ってしまうこともあります。

日本人の2~3%は潜在的な睡眠時無呼吸症候群患者であると言われていますので、家族にいびきを注意される方や、日中の眠気が気になる方は、一度検査を受けるようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群の検査

簡易検査機器を貸し出しており、指先などにセンサーを装着した状態で一晩眠って頂きます。

寝ている間に装置が呼吸状態や血液中の酸素濃度を測定し、記録していきますので、後日ご来院されたときに医師から検査結果を説明させて頂きます。なお、検査費用は保険3割負担の方で、3,500円~4,000円程度です。